効率良く家事を進める裏技

使いやすい収納とは

何かを使用した後に、違う場所に戻すからどこに行ったのかわからなくなります。 必ず同じ場所に戻すことを意識してください。 ですから最初に、場所を決めることが重要です。 家族と一緒に住んでいる人は、家族にも守らせてください。 1人でも決まりを破ると、家事の効率が悪くなります。

同じようなものをまとめて収納

文房具や、洗濯の際に使うものなどグループ分けをしてください。 それらを同じ箱や袋に入れると、出し入れしやすくなります。 家事の効率を良くするために欠かせないので、いくつか箱を用意しましょう。 綺麗に収納するなら、同じ種類の箱を使うのがおすすめです。

棚に名前を書いておこう

収納場所を決めても、すぐに忘れてしまう人が見られます。 そのような人は、棚に名前を書くのが良い方法です。 棚を見るだけで、すぐ何を収納している場所なのかわかります。 子供でもわかるので、後片付けを覚えさせる時に使ってください。 小さい頃から、自分で収納させましょう。

同じ場所に戻すことを意識

どこに何があるのかわからなくなって、家事がうまく進まなくなってしまう人が多いです。
最初から、ものの場所を決めてください。
そして使い終わったら、必ず同じ場所に戻しましょう。
別のところに戻していると、ものが迷子になる可能性が高いです。
特にハサミや爪切りなどは、失くしやすいので気をつけましょう。
家族にも、それを伝えてください。
みんなで収納を意識することで、家事の効率が良くなります。

グループごとに、まとめて収納するのも良いですね。
文房具や、医療品などとグループ分けすると、どこに何があるのかすぐにわかります。
ハンガーや洗濯バサミもまとめて収納しておくと、洗濯をする時が楽になります。
同じ袋や箱に入れていればそれを持って行けば良いので、小物を探す時間を削減できます。
うまく収納すれば、無駄な時間を短縮できるので良い場所を考えてください。

すぐにものを失くしてしまう人は、棚に名前を書くのが良い方法です。
そこに何が入っているのか、わかるように名前を書いておくと収納しやすくなります。
また小さな子供がいる家庭でも、この方法がおすすめです。
子供は、まだどこに何をしまえば良いのかわからないことが多いです。
ですが棚に名前が書いていれば、そこに収納すれば良いので子供でも片づけることができます。
子供に後片付けを覚えさせることもできるので、棚に名前を書きましょう。
この棚に何があるのか、わかるよう具体的に書いてください。