効率良く家事を進める裏技

>

ものの場所を決めておこう

うまく収納するコツは、場所を決めることです。
使用した後は、同じ場所に戻せばものを失くす心配はありません。
これまでは適当に収納していたので、どこにいったのかわからなくなってしまう人が多かったと思います。
その探している時間が無駄なので、すぐどこに何があるかわかる状態を作っておきましょう。

よく使うものは、手前に収納するのが良い方法です。
逆に使用頻度が少ないものは、奥にしまっても良いと思います。
よく使うのに奥にしまっていると、次第に取り出すのが面倒になります。
ですから決まりを破って、目立つところに勝手に置いてしまうでしょう。
それでは、家事の効率が低下します。
使用頻度を考えて、置き場所を考えてきださい。

家族でルールを確認する

自分だけがルールを守っていても、他の家族が守ってくれないと家事効率が悪くなります。
ものの置き場所が決まったら、必ず家族にも伝えてください。
家族全員でルールを守ることで、家事の効率が良くなります。
そのため、置き場所を決める際は家族の意見を聞いた方が良いですね。
自分はあまり使用しないものでも、他の家族は毎日使用しているかもしれません。

それを奥に収納されると、他の人が取り出す時に大変になってしまいます。
みんなで話し合わないと、トラブルが起こるので注意してください。
意見を聞いて、使う人がいるなら手前に収納しておきましょう。
それなら家族みんなが使いやすい収納になるので、出したら戻すということを守れます。


使いやすい収納とは

この記事をシェアする