効率良く家事を進める裏技

>

名前を記載しておく方法

収納場所が決まったら、棚に名前を書いてください。
その棚に収納するものを書いていれば、収納場所がわからなくなるという事態を回避できます。
収納場所がわからないと、どこにしまえば良いのか悩む時間が発生してしまいます。
無駄な時間をカットできるように、名前を書いてください。
大きく名前を書いてあると、見栄えが悪くなるかもしれません。

名前が目立って気になる人は、小さく書いておいた方が良いですね。
特に場所を決めても最初は、忘れることが多いです。
慣れてきたら、名前を見なくても収納場所がすぐにわかるでしょう。
その頃になったら、名前を外しても良いと思います。
スムーズに後片付けができるように、様々な工夫をしてください。

子供でも収納できるように

名前を書いていることで、子供でも収納場所がすぐにわかります。
自分で使ったものは、自分で後片付けをさせましょう。
いちいち親が片づけていると、家事をする時間がなくなってしまいます。
効率の良い家事をするためには
家族にも、後片付けを協力してもらうのが最も良い方法です。
子供が1人で後片付けできるよう、収納しているものの名前を書いておきましょう。

子供は漢字を読むことができないので、ひらがなで書いてください。
収納できたら褒めてあげることで、子供は学習します。
子供が使ったものをすぐ親が片づけていると、後片付けを覚えることができません。
自主的に子供が後片付けをするまで、ガマンしてください。
静かに見守っていましょう。


棚に名前を書いておこう

この記事をシェアする